不動産の直接買取・買取専門の株式会社インヴァイト

MAIL: info@invite.co.jp   受付9:00〜20:00 (木曜定休)

インヴァイトがお受けしている売却相談です。ご参考ください。

【事例 1】  家の売却
あまり時間に余裕がない、家をすぐに売却したい

急な転勤や引っ越しによって、住んでいる住宅をなるべく早く売らなければならないことになった。
不動産会社に相談してみたが、手続きが長く、買手が見つかるまで時間が掛り過ぎてしまい、いつ売れるか判らない。
転勤や引っ越し希望日に間に合いそうもない。そんなケースでも、直接買取ですから安心してご相談頂けます。

【事例 2】  店舗の売却
事業の都合で現在所有している店舗を売却したい

事業の再統合によって、今所有している店舗(ビル)を整理したい。
しかし、その内いくつかは継続してその場所を使おうと考えている。
こんなケースでも、インヴァイトが買主ですから、売買契約締結後に新たに賃貸契約を結ばせて頂き、その店舗(ビル)をお客様に貸し出すこともできます。

【事例 3】  売却した家を賃貸にする (リースバック)
勤めている会社の業績が悪く、住宅ローンの支払いが厳しくなってしまった

できれば住み続けたいが、一時的にローンの返済が厳しい。
そんな場合もご相談ください。その住宅を買取、お客様に賃貸として貸し出すサービスをご利用ください。
会社の業績が安定してきたら、将来その住宅を買い戻すこともできるサービスです。

【事例 4】  アパート売却税金対策
持っているアパートを売却して現金化したい

相続税が大きくて納税が難しい状況になっている。
今経営しているアパートは、築年数が古く借り手が少なく賃貸収入が思うように伸びない状況もある。
納税期限もせまっていてすぐに現金化したいが、できればより高く売りたい。そんなケースも、確実に売却できる「直接買取システム」なら安心してご相談頂けます。

【事例 5】  競売対策
借入負担が大きく、 「競売」 と言われてしまった

競売になってしまうと、資産価値が低く見積もられてしまう。
またネットで公開されてしまうので仕事にも影響が出てしまう。競売になる前に、何とか有利な条件で売却できないだろうか。
競売は最後の手段です。金融機関(債権者)との間に入って、交渉をさせて頂きます。
また買手となってお客様の不動産を確実に買取ります

【事例 6】  相続物件の売却
相続した空家の実家やアパートを売却したい。
実家を相続したが、空家のままで火事や防犯上心配。売りたいが相続の時に売却の件で兄弟とトラブルになり、話合いが出来ない状態になってしまった。こんなケースは、兄弟間の間に入り話を纏めて直接買取します。アパートを相続したが空き室ばかり、古いので新規に借主を募集出来る状況ではなく管理も出来る状態に無い。売りたいがまだ少し借主が居るから売れない。こんなケースは、住人に交渉し立退いて頂いて直接買取します。

play_arrowメールでのお問い合わせはこちら

ページの
トップへ